ホーム > 新着情報

新着情報

子供の矯正治療のガイドライン

2016年10月06日(木)

昨今、子供の矯正治療に係わる治療方法は多岐にわたり、治療方法やその効果については一般の国民には分かり難くなっているのが現状です。必要の無い治療を受けているケースも少なくありません。そこで、日本歯科矯正専門医学会(JSO)は科学的根拠を基に「子供の早期治療 上の前歯が出ている子供の矯正治療」のガイドラインを作りました。

Q 上顎前歯が前突した小児(7歳から11歳)に対する早期矯正治療は有効か?

A 上顎前歯が前突した小児(7歳から11歳)に対し、早期矯正治療を行わないことを強く推薦する。

このガイドラインにより、無効な治療により辛い矯正治療を受けている子供たちが救われることを願います。

ガイドラインの詳細



ページのトップへ