ホーム > 治療のこだわり

当院の目標である「ここに来てよかった」と思っていただけるために4つのこだわりを持って治療に取り組んでいます。

矯正治療のゴールは歯がまっすぐに並んだと言うことだけでなく、顔全体の中で自然な口元になっていることが大切と考えています。効果の程度は個人差があります。治療例一覧で参考にしてください。

メタルブラケット
メタルブラケット

E-line(鼻の先とあごの先を結んだ線)の線上かやや内側に口唇が位置すると、調和のとれた口元と判断されます。

歯が左右対称で連続的に並び、上下の歯が出来るだけ多くの面積で咬み合った歯列を目指します。


さっぽろ矯正歯科では、矯正歯科界で最も質の高い矯正治療法はスタンダードエッジワイズ法と考えております。
矯正治療のテクニックは大きく分けてスタンダードエッジワイズ法とストレートワイヤ法に分けられます。ストレートワイヤ法はスタンダードエッジワイズ法から発展したテクニックで新しい方法ですが、開発の視点は治療の質の向上よりも診療の効率や合理性に重点が置かれているといっても良いでしょう。日本の大部分の診療所ではストレートワイヤ法を使用していると思います。しかし、当院は少数派となってしまったスタンダードエッジワイズ法にこだわっています。なぜなら合理性のストレートワイヤ法よりもフルオーダメイドのスタンダードエッジワイズ法が患者にとってメリットが大きいと考えているからです。ストレート法は日本人の平均値に合わせたブラケット(金具)と既製ワイヤーを用いることで経験の浅い術者でも簡便に行える方法です。この事が最大のメリットです。しかし、歯や顎・顔の大きさや形は個によってまちまちで、治療は当然ながら個々に合わせて歯を動かさなければなりません。平均値で作られたストレートワイヤ法は患者様ごとの細部にわたるワイヤー調整ができないため、術後の安定に不安が残ります。したがって平均値で直すという事はあり得ないと考えております。

メタルブラケット

ストレート法

メタルブラケット

スタンダード法


ストレート法による既製のワイヤ(写真左)を合わせると患者のオリジナルの歯列形態と 大きく異なっている。スタンダード法によるフルオーダーメイドで作成されたワイヤー(写真右)は患者の持っている本来の歯列に合わせて治療が行われる。

スタンダードエッジワイズ法は一人ひとりの患者様に合わせたワイヤーを矯正医自身が個に合わせてオーダーメイドでワイヤを作製して治療を進めるので患者様の顎や歯の形態に合わせた細かい調整を行うことが可能です。その結果、仕上がりの精度を高め、治療後の安定性に結びつきます。スタンダードエッジワイズ法にもデメリットがあります。それは多くの知識と経験、熟練した技術を必要とするところです。 さっぽろ矯正歯科はスタンダードエッジワイズ法を用いることができます。術者の合理性よりも治療の質を大切に守っていくことが当院の信念です。それがスタンダードエッジワイズ法にこだわる理由です。与五沢矯正研究会はスタンダードにこだわった研究会です。興味のある方はご覧ください。

治療前の説明―診断報告書の作成―

診断結果と治療方針について、治療前に説明した内容をまとめた診断報告書をお渡しします。


治療中の説明―経過写真の提示―

毎回の治療後に説明をすることはもちろん、治療の節目には経過写真を提示して進行度合いを患者様と一緒に確認します。


治療後の説明ーアルバムの進呈

治療後は模型・レントゲンを使って治療前後の状態を説明します。また、治療前後の比較写真をアルバムにして差し上げます。


口内炎へのサポート
私自身、口内炎が出来やすい体質なので、この不快感はだれよりも分かります。 当院では粘膜保護材や口内炎のお薬を無料で差し上げます。

虫歯予防

治療前に虫歯リスクを判定する唾液検査を行っています。この検査を基に虫歯のリスク要因を判定し、治療中のオーラルケアのプログラムをご提案させていただきます。
治療中、後は必要に応じて
クリーニングやフッ素塗布を行っています。




ページのトップへ