ホーム > 部分矯正

大人の矯正治療

部分矯正とは

1~3本程度のわずかな歯のねじれや部分的な咬み合わせの改善を行う矯正治療です。
プチ矯正、ブライダル矯正、とも呼ばれいています。一般的に本格的な矯正よりも安価で
治療期間も 短い事が多いです。


メタルブラケット

部分矯正は対象となる歯は動かして、それ以外の歯は動かない様にする工夫が必要です。歯を動かす時は他の 歯に固定源を求めなければならないので固定源となる歯にリンガルアーチを装着したり、固定歯の数を増やしたりします。 固定歯の代わりにインプラントアンカーを用いることもあります。
このように簡単に直せそうでも、熟練した技術が必要です。重度の不正咬合など部分矯正が適用にならない場合もありますので、専門医の確かな判断が要求されます。

セラミックブラケット

ブラケット
ブラケットの種類や特徴は本格的矯正(大人の矯正)に準じますが装着する歯の本数が少ない事が多いです。

リンガルアーチ

リンガルアーチ
前歯の隙間だけを閉じるときも部分矯正が適応になります。
前歯を動かすためには前歯以外の歯を 固定源として使いますから、固定を強化するためにリンガルアーチを装着します。
遠くに離れた複数の歯を連結する事で固定歯を強化します。

リンガルアーチ

犬歯-犬歯間リラーナー
左右の犬歯を動かないように連結固定して、ゴムの力により下顎前歯の反対咬合を矯正。他にも、前歯のすき間を矯正したり、ブラケットを併用して歯のねじれを矯正したりします。



犬歯-犬歯間リラーナー

ストリッピング法
前歯部の歯列不正を改善するために、歯に金具を装着してストリッピング法を用いながら理想的な位置に歯を移動します。
ストリッピング法とは、歯を並べるときに必要なスペースを得るために、歯の両端をやすりで0.3mm前後削る技術です。


インビザライン
クリアライナーという薄いプラスチックシートを2~3週間おきに交換して、矯正する方法です。
歯に金具を装着しなくても済む事が最大の利点ですが、適応できる症例は限られています。


犬歯-犬歯間リラーナー
大人の矯正 部分矯正 こどもの矯正


ページのトップへ