ホーム > 早期治療の注意

大人の矯正治療

年齢が早ければ早いほど良いという歯科医院には要注意。どんな症例でも早期治療は必ず必要というわけではありません。 子供のころの歯科矯正治療のほうが期間が短くて、簡単に治るとお考えになる方が多いですが、一概にそうとは言えません。 子供の矯正は歯の抜け替わりだけでなく、顔面骨格の成長も考慮になる入れて将来の展望を見据えた診断が大切です。 とりあえず「ここだけ治す」とか、とりあえず「やっておきましょう」などとその場限りの治療を受けないでください。

将来こうなるから、今は何をどんな理由で治す必要があるのか、ないのか。今は何が治せて、何が治せないのか明確にして受診してほしいです。乳歯が混在している時期で、早期治療(Ⅰ期治療)を行っても行わなくても本格矯正(Ⅱ期治療)の治療方針や難度が同じであれば、あえて早期治療を行わない事もあります。何でも一律に早く金具を付けた方が良いとか、どんな症例でもアゴを拡げて抜歯をしないで治せるというのは間違いです。

子供の矯正は歯の抜け替わりと顔面骨格の成長が関係してるので、予測を判断するのが難しい治療です。矯正歯科専門の歯科医院は早期治療の必然性について、詳しい検査と正しい知識の下で明確にしてくれるはずです。

治療全般と子供の矯正治療について放送されました。



ページのトップへ