ホーム > 外科矯正について

外科矯正について

外科矯正とは、矯正治療単独では咬み合わせが改善できない場合に行なう術式で、外科的手術を併用する治療法です。咬み合わせの改善以外にも顔貌の改善にも期待できます。最近では睡眠時無呼吸障害の改善も報告されています。



メタルブラケット

顎変形症と呼ばれる病名に該当する場合です。例えば反対咬合の場合、前歯の咬み合わせ のズレのみならず、シャクレ顔で下顎骨が極端に大きく前方に突出している状態で下の前歯だけを後退させても咬み合わせや顔貌の改善に期待できないなど、顔面骨格の異常な成長発育による機能的・審美的障害があり、矯正治療単独で治療が不可能と認めた症状を顎変形症と診断されます。

■下顎前突症の治療イメージ動画

1.初診

患者様のご心配な事などを伺い、口腔内診察・治療の流れ・期間・費用などについてご説明します。

2.検査

治療を始める事が決まりましたら、検査に移ります。
歯周組織検査・口腔内と顔面の写真撮影・レントゲン撮影・歯型の採得・顎運動機能検査などを行います。

3.診断結果報告

検査データを基に分析、診断を行い、具体的に矯正治療と外科治療について説明します。
手術は札幌医科大学附属病院など有床施設のある口腔外科にて行なうので、
手術に必要な検査を受けて頂くために紹介状をお渡しします。

4.術前矯正

手術をして、顎を移動した時に安定した咬み合わせが得られる様に歯列矯正をします。
不正咬合の程度により長短はありますが、1~2年位の期間が必要です。

5.入院・手術

術前矯正により、安定した咬み合わせが得られる事が確認できたら、顎骨を切る手術を受けます。
入院期間は3週間程度が一般的です。

6.術後矯正

歯並びと咬み合わせの最終調整を行い、治療を完成させます。
手術後の状態により異なりますが、術後矯正は半年〜2年位の期間が必要です。

7.装置除去・保定

術後矯正により理想的な歯列が得られたら、装置を除去し保定に移ります。
保定は通常の矯正治療と同様です。

セラミックブラケット

自立支援指定医療機関に登録している矯正歯科診療所を受診した場合、健康保険が適用になります。自己負担が3割の場合、矯正治療費は毎回2000〜5000円程度(検査や装置を新たに装着した時は20000円前後)で、トータルで30万円位でしょう。入院・手術費用は30万円位を見積もると良いでしょう。 さっぽろ矯正歯科は更生医療指定医療機関ですので、顎変形症の患者様に健康保険を適用して外科矯正治療を行なう事ができます。 もっと詳しく知りたい方は外科矯正.comをご覧ください。

固定を強化するための装置
大人の矯正 部分矯正 こどもの矯正


ページのトップへ