ブログBlog

目立たない矯正装置で歯科矯正のストレスを軽減しよう

2017.06.30

こんにちは。

さっぽろ矯正歯科クリニック、院長の桜田です。

歯科矯正をしたいけど、矯正装置が目立つのが嫌で迷われているという方は多いのではないでしょうか。

治療にかかる期間のストレスを少しでも軽減できるよう、最近では目立たないタイプの矯正装置も増えてきています。

今回はそのような目立たない矯正装置についてご紹介します。

審美性に優れた「セラミックブラケット」と「ホワイトワイヤー」

stress.png

治療期間の目安:2~3年

おおよその料金:約70万円~

※症状や治療内容により期間や料金は異なります

セラミックでできた白や透明のブラケット(矯正装置)を歯に装着します。

従来の金属ブラケットより目立たないのが大きな特徴で、最近では最もよく使われている矯正装置です。

白いワイヤーを使用すれば更に審美性が増します。(治療内容によっては使えないこともあります。)

セラミックですので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

表からは見えない裏側矯正「リンガルブラケット」

lingual-bracket.png

治療期間の目安:2~3年

おおよその料金:約100万円~

※症状や治療内容により期間や料金は異なります

歯の裏側にブラケットを装着する矯正方法を「リンガルブラケット」と言い、「舌側(ぜっそく)矯正」とも呼ばれます。

表からは見えないので、周囲の方にも気づかれません。

お仕事柄、矯正装置が見えてはいけない方などには最適です。

歯磨きがしにくくなりますが、歯の裏側は常に唾液が流れているため表側よりも虫歯になりにくい場所でもあります。

表側のブラケットと比べて装着に技術が必要なので、担当医の経験や技術が求められます。

舌が触れる部分に装着するので慣れるまでは違和感があり、食事がしづらいかもしれません。

発音にも多少影響が出ますので、お仕事やライフスタイルとの相談が必要です。

Invisaline.png

治療期間の目安:6ヵ月~1年半

おおよその料金:上下で約60万円~

※症状や治療内容により期間や料金は異なります

プラスチック製のマウスピースを使って矯正する方法です。

薄くて透明なため、ほとんど目立ちません。

歯に矯正装置を装着しなくて良いのが最大のメリットです。

マウスピースは2週間程度ごとに交換し、少しずつ歯を動かしていきます。

自分で取り外しができますので、食事や歯磨きも普段通り行えます。

歯を大きく動かす必要があるような治療には不向きです。

最新技術のマウスピース矯正「インビザライン」

「インビザライン」は光学スキャナで歯形を取り、デジタル技術を駆使し製作される精密で精度の高いマウスピースです。

一般的なマウスピースは交換のたびに歯形を取らなければいけないのに対し、インビザラインでは歯形の採取は初回の1度のみ。

採取した歯形を3Dデータにして分析し、治療方針を決定していきます。

通院頻度も2~3ヵ月に1度と少なく(一般的なものは1ヵ月に1度程度)、患者への負担が少ない優れた矯正治療です。

まとめ

目立たず周りにも気づかれにくい矯正装置が増えてきています。

症状や治療内容によって使用可能かどうか変わりますので、ぜひ相談してみてください。

・歯の色になじむ「セラミックブラケット」

・表からは見えず周りにも気づかれない「裏側(舌側)矯正」

・目立たず取り外しも可能な「マウスピース矯正」

・負担の少ないマウスピース矯正「インビザライン」

さっぽろ矯正歯科クリニックで取り扱っている代表的な矯正装置はこちら

さっぽろ矯正歯科クリニックへのご相談もお気軽にどうぞ

ご相談フォームはこちら

関連記事

カテゴリ一覧に戻る

お気軽にご相談ください
What is your mouth trouble?

アクセス
Access

医療法人社団さっぽろ矯正歯科クリニック

中の島駅から徒歩5分。駐車場も完備

住所
札幌市豊平区中の島1条3丁目7-11
休診日
月・日・祝祭日