矯正治療についてOrthodontic

矯正治療中のリスクと注意点

薬を飲む時に効果と副作用があるように、
矯正治療中に起こりうるリスクがあります。
矯正歯科専門医は様々な効果とリスクを考慮して、リスクを抑えながら治療を進めます。
また、患者様もリスクと注意点を理解した上で治療を受けるべきです。

1.虫歯、歯肉炎、歯周病

皆矯正治療中は矯正装置によりブラッシングしにくい部分ができるため、虫歯や歯肉炎に罹患するリスクが高くなります。
リスクを抑える最良の方法は歯磨きを怠らないことです。また、間食を控えることも大切です。ブラッシング指導を受けて毎日丁寧な歯磨きをしてリスクを抑えましょう。

2.歯根吸収

矯正力を加えられた歯が移動の際に歯の根の先が溶けて丸くなる現象を歯根吸収と言います。矯正治療に伴う歯根吸収は程度の差こそあれ避けられません。とは言え、術者は歯根吸収の発生や進行を抑える事に努めます。患者様も歯根吸収のリスクを認識して治療を受ける事が必要です。
大部分の症例では治療後に歯根吸収は止まり、大きな影響を残すことはありません。

3.歯肉退縮

歯肉退縮とは歯を覆っている歯肉が下がることです。これは矯正治療の有無に関わらず加齢現象、強いブラッシング、歯ぎしりなどでも発現します。矯正治療では歯肉退縮が生じない様に弱い力で少しずつ移動させますので、発現の頻度は低いですが、それでも生じてしまうことがあります。それは歯を支える骨が薄かったり、不適切なブラッシングだったり、歯ぎしりが原因だったりします。しかし、健康に大きな影響を与える事はありません。対処法として歯周外科がありますが、歯周病に罹患していない限り必要はないでしょう。

4.ブラックトライアングル

ブラックトライアングルとは歯の間にできる三角形の隙間を指し、矯正治療後に生じることがあります。この主な原因は腫れていた歯茎が矯正治療後に引き締まって生じたり、または重なりあっていたり、捻じれていたりした歯が綺麗に並ぶ過程で歯の間の歯肉が引き伸ばされて歯肉の高さが減る現象です。個人差があり、必ず生じる事ではありませんが、治療前に予測できる場合もあります。歯周病とは異なるので歯の健康には問題ありません。どうしても気になる場合は歯の横を少し削って隙間を詰める事でブラックトライアングルを小さくしたり、無くしたりすることができる場合もあります。

5.痛み

歯の移動による組織変化に伴って、痛みや違和感が生じます。矯正器具の進歩により一昔前よりは痛みが小さくなりましたが、全く無痛というわけにはいきません。痛みの程度は個人により大きな差があります。全く痛みを感じなかった人もいます。痛みは治療期間中にずっと毎日続く事はありません。約月に一度の調整に来院した後に平均2〜3日症状がでます。対処法は弱い力を加えたり、歯の移動がスムーズに起こる金具を使用するなどがあります。また、痛み止めを服用していただくこともできます。当院では痛みが理由で治療を断念した方はいません。
あまり怖がらないで下さい。

6.顎関節症

矯正治療と顎関節症との関わりについて、多くの研究論文が発表されていますが、矯正治療が顎関節症のリスクを上げる事はないと結論を出している文献が多くあります。しかしながら、途中で顎関節症を発症するケースはあります。顎関節症の原因や症状は多様ですので矯正治療によるものであるか否か更なる研究が必要でしょう。矯正治療中に発症する可能性をできるだけ把握し、発症した場合は矯正治療に関係がないか、診断をする責務があります。当院では矯正治療の有無に関わらず、顎関節症に取り組んでおり、口腔外科との連携を構築しています。

7.金属アレルギー

矯正装置には様々な金属が含まれています。とりわけニッケルに対するアレルギー反応が報告されています。金属に強いアレルギーを示す方や不安のある方は皮膚科にてパッチテストを受けた方が良いでしょう。また、治療中にアレルギーが発症した場合は使用している装置を中止して皮膚科を受診していただきます。これまで当院では、過去に金属アレルギーを経験した方の中で矯正装置によってアレルギーを発症することはなかったです。また、ニッケルフリーの金属や非金属(セラミックやプラスチック)お装置を用いて、リスクを減らすことも可能です。 文献的には、発症後、症状が回復した後に同じ装置で治療を再開できる方もいれば、装置や治療方法を変更する方もいるという報告があります。

8.治療期間についてご了解いただく事項

□治療期間は、分析の結果と経緯から判断したおおよその目安です。顎の成長、骨の柔軟性や矯正装置や治療に対する協力度などによって個人差が出ますので診断時の予測期間通りに終わらないことがあります。
□度々治療の予約をキャンセルしたり、当院の指示したことを守らなかったり、歯磨きが悪く虫歯や歯肉炎が進行したりすると治療期間は長引きます。また、話し合いの上で装置を外すことがあります。
□顎の成長発育や歯の動き、舌癖、予期せぬアクシデントにより当初の治療計画通りに進まない事があります。その場合は治療計画や方法を変更する事があります。

9.治療を始める前に

矯正治療に限らず、医療行為を受けていただくためには治療開始前に注意事項の説明を受けてください。
当院では上記以外にもご説明した文書を患者様にお渡ししております。

お気軽にご相談ください
What is your mouth trouble?

アクセス
Access

医療法人社団さっぽろ矯正歯科クリニック

中の島駅から徒歩5分。駐車場も完備

住所
札幌市豊平区中の島1条3丁目7-11
休診日
月・日・祝祭日