ブログBlog

親知らずは抜くべきか?歯並びが悪くなる原因になる場合も

2018.03.19

こんにちは。さっぽろ矯正歯科クリニック、院長の桜田です。


歯並びの一番奥へ、一番最後に生えてくる「親知らず」。

親知らずは他の歯を圧迫して歯並びが悪くなる原因になってしまう場合があります。


でも、親知らずだからと言って必ず抜かなくてはいけないわけではありません。


今回は、親知らずが及ぼす歯並びへの影響のお話。

親知らずを抜いたほうが良い場合と、抜かなくて良い場合についても説明します。


image001_20180302.jpg




親知らずを抜くべき場合とは

「親知らずは不要な歯だし、すぐに抜いた方が良いのかな。」

そんな風に思っている方はいませんか?


歯並びや生え方、歯の状態によっては、親知らずを今後の歯の治療に活かすことができる場合もあるのです。


親知らずを抜いた方が良い場合と、抜かない方が良い場合をご紹介します。


抜歯した方が良いケース

・親知らずが変な向き、または半分埋まって生えているために歯磨きがしづらく虫歯のリスクが高い場合、もしくはすでに虫歯になってしまっている場合。

・上下の親知らずが噛み合っていない場合。

・親知らずが原因で歯並びが悪化しそうな場合、もしくはすでに悪化している場合。

・歯列矯正のために歯を動かすスペースを作る必要がある場合。


親知らずは歯磨きがしづらいために虫歯になりやすく、虫歯の放置は口臭や歯茎の腫れなど口内環境の悪化にもつながります。


トラブルのある親知らずが生えている限り、歯並びの悪化や虫歯のリスクをずっと抱えていることになります。

そのようなリスクや他の歯へ悪影響を及ぼす可能性が高い親知らずは、早めに抜歯をした方が良いとも言えます。


受験や海外旅行、妊娠出産などの予定がある方も、大切な時や治療に行けないタイミングで虫歯や歯茎が痛む...という可能性も。

そんな可能性のある方も、予定の前に早いタイミングで抜歯することをおすすめします。



抜歯しないほうが良いケース

・親知らずが真っすぐ生えていて虫歯がなく、上下がきちんと噛み合っている場合。

・完全に骨の中に埋もれていて、レントゲンで確認した時に横を向いているが、周囲の歯や歯並び、かみ合わせ、骨などに影響がない場合。


親知らずの存在自体が問題なわけではありません。


トラブルのない親知らずであれば、入れ歯やブリッジの基礎として活かしたり、虫歯などで歯を抜いた場所へ矯正治療や移植で移動させるということもできます。


親知らずを抜かずに残しておくことで、将来的に治療の選択肢が増える場合があります。

親知らずを抜いた方が良いのか、抜かなくてもいいのか、歯科医としっかり相談をしたうえで決定するようにしましょう。




親知らずが歯並びを乱す原因にも。身体に及ぼす影響とは

image003_20180302.jpg

親知らずはその他の永久歯が全て生えそろった後、奥歯の一番奥に、一番最後に生えてきます。


顎が小さく、親知らずが生えるスペースがないにも関わらず生えてきてしまった場合は、隣の歯を前に押し出してしまいます。


こうして親知らずが隣の歯を圧迫することにより、歯並びが乱れてしまうのです。


歯並びの悪さは、虫歯や歯周病へのリスクも高まります。歯並びが悪いせいできれいに磨けず、汚れがたまりやすくなるのです。


親知らずの虫歯は痛みが出るまで気づきにくいため、虫歯の放置によって口臭や歯茎の腫れ、隣の歯までも虫歯になる可能性が出てしまいます。


また、親知らずは上下左右の4本が必ず生えそろうとは限りません。

一部の親知らずだけが生えたことや、親知らずで歯並びが悪化したことによって噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。


噛み合わせの悪化は歯並びや顎のバランスの悪化だけではなく、体全体のバランスを悪化させて全身の健康状態へ影響を与えることも。

歯並びだけではなく、体のことも考えて対処を考えるのも大切です。




抜歯後は矯正することでキレイな歯並びに

親知らずが原因で歯並びが悪くなってしまった場合は抜歯が必要となりますが、親知らずを抜いただけでは乱れた歯並びは元には戻りません。


親知らずの抜歯後に矯正治療を行うことで、よりキレイな歯並びに直すことができるのです。


また、矯正治療で治療前や治療中に親知らずの抜歯をする場合もあります。

親知らずを残したまま矯正治療をすることが可能な場合もありますが、歯並びが乱れる原因となった親知らずを抜き、歯を移動させるスペースを作ることによってスムーズに歯並びを整えることができます。


親知らずを抜いた方が良い場合は、できるだけ早く対処することでその後の矯正治療や歯並びの改善もしやすくなります。


抜歯はちょっと怖いかもしれませんが、歯科医に相談したうえで必要であれば早めに処置をしてもらうようにしましょう。




まとめ

・親知らずだからといって必ず抜かなければならないわけではありません。真っすぐ生えて虫歯もなく、他の歯への影響がない場合は抜歯をする必要はありません。しかし、生えるスペースが狭かったり、生える向きがおかしいなど他の歯を圧迫して歯並びに影響を与える場合、虫歯のリスクが高い場合などは抜歯が必要となることがあります。


・親知らずは他の歯が全て生えそろった後、一番最後に生えてきます。顎のスペースが狭いと、隣の歯を押しだして歯並びが悪化してしまうことがあります。


・親知らずが原因で歯並びが悪化した場合、親知らずを抜いただけでは歯並びは元には戻りません。抜歯後に矯正治療を行うことによって、元のキレイな歯並びに整えることができます。


・矯正治療で歯を動かすスペースを作るために、治療前や治療中に親知らずの抜歯をする場合もあります。



さっぽろ矯正歯科クリニックへのご相談もお気軽にどうぞ

ご相談フォームはこちら

LINE@からの無料相談はこちら


さっぽろ矯正歯科クリニック院長 桜田明宏

桜田明宏 (Sakurada Akihiro)
さっぽろ矯正歯科クリニック院長
日本矯正歯科協会認定専門医
日本矯正歯科学会 認定医

噛み合わせや歯並びの異常は、歯周病や顎関節症等の肉体的影響とともに精神的にも影響します。
当院では目立たない矯正治療の提供を目指すなど、患者さんのカラダとココロの両面に配慮した治療を心掛けています。最新の矯正歯科の研鑽に努め、肉体的にも精神的にも健やかな人生を送ることができるような矯正歯科(治療)の提供を目指しています。

著者・論文、所属学会などは院長・スタッフ紹介をご覧ください。

関連記事

カテゴリ一覧に戻る

お気軽にご相談ください
What is your mouth trouble?

アクセス
Access

医療法人社団さっぽろ矯正歯科クリニック

さっぽろ矯正歯科クリニック

中の島駅から徒歩5分。駐車場も完備

住所
札幌市豊平区中の島1条3丁目7−11
休診日
月・日・祝祭日