ブログBlog

矯正で行うゴムかけは重要です!綺麗な歯並びを目指すために

2018.10.11

こんにちは。
さっぽろ矯正歯科クリニック、院長の桜田です。


歯列矯正で矯正装置の装着と一緒に行われることの多い「ゴムかけ」。

矯正装置に顎間ゴムをかけ、ゴムの力で歯を動かす力を助けるものです。


ゴムかけは患者様本人が毎日自分で行わなくてはいけないため、面倒だと感じている方も多いと思います。

しかし、矯正治療の中でもゴムかけは重要な意味を持っています。


今回は矯正治療で行われる「ゴムかけ」についてのお話。

矯正治療でゴムかけを行う理由や必要な装着時間、ゴムかけをする上で注意する点などをご紹介します。


image.png

矯正で用いられるゴムかけとは

歯に装着した矯正装置に顎間ゴムをかける「ゴムかけ」。

上顎と下顎の歯科医が指示した位置に専用の小さな輪ゴムをかけて、ゴムの縮む力を使って歯を引っ張るという処置です。

「ゴムかけ」または「エラスティックス」とも呼ばれます。


顎間ゴムにはたくさんのサイズや強さがあり、症状と治療段階に合わせた顎間ゴムを使用します。

目的に合わせてゴムのかけ方にも種類があり、歯科医の指導の元で患者様本人が毎日自分でゴムをかけることになります。



代表的なゴムのかけ方

●Ⅲ級ゴム:反対咬合(受け口)などの矯正

上の奥歯と下の犬歯を繋ぐようにゴムをかけます。

上顎の歯は前へ、下顎の歯は後ろへ引っ張られます。




●Ⅱ級ゴム:上顎突出(出っ歯)などの矯正

上の前歯と下の奥歯にゴムをかけます。

上顎の歯は後ろへ、下顎の歯は前へ引っ張られます。




●垂直ゴム:開咬(前歯を噛み合わせた時に開いている状態)の矯正

上下の歯に対して垂直になるようにゴムをかけます。

噛み合わせを深くする方向へ引っ張ります。




●三角ゴム・台形ゴム:開咬や仕上げの矯正

ゴムが三角形や台形になるようにゴムをかけます。

噛み合わせを深くする治療の中で行われる処置です。



ゴムのかけ方は患者様の歯列状態によって変わり、上記の他にもたくさんのかけ方があります。




ゴムかけは歯列矯正の効果を高めるために必要

矯正治療では歯に矯正装置を装着して、少しずつ歯を正しい位置へ移動させます。

ゴムかけを行うことでゴムが縮む力を利用して必要な箇所へ効率的に力をかけることができ、矯正治療の効果を高めることができます。


また、上下の歯にゴムをかけることによって、通常のブラケット矯正だけでは難しい噛み合わせの治療にも効果を発揮します。


上下それぞれの歯をしっかり動かして、不正咬合を改善し正しい噛み合わせを作ってくれるのです。




ゴムかけで必要な装着時間や装着期間は?

ゴムかけをする必要がある時間や期間については、症状や治療内容に合わせて歯科医師が個別に指示をします。

共通しているのは歯や顎に負担がかからない程度の弱い力を長時間かけ続けることが必要ということです。

食事と歯磨きの時間以外は一日中ゴムかけを行うように指導されることがほとんどかと思います。


一方、ゴムかけをする期間自体は、矯正治療を行っている全ての期間というわけではありません。

矯正治療の処置の中の一つとして、数ヵ月ほどの期間で行われることが多いです。




ゴムかけをさぼってしまうと治療が長引く可能性も

ゴムかけは矯正治療の内容の一つです。

歯科医師はゴムのかけ方や強さを計算したうえで矯正治療の計画を立て、患者様にゴムかけの指導をしています。


ゴムかけが面倒、または違和感があるからと言ってゴムかけを指示通りにきちんと行っていないと、歯の動きが鈍くなり思っていた以上に時間がかかってしまうばかりか、噛み合わせにずれが残ることもあります。


ゴムかけは患者様本人で毎日行わなければならず大変ではありますが、スムーズな矯正治療を行うためにも歯科医師の指示に従って必要な時間・期間をきちんと守るようにしましょう。




ゴムかけをする際の注意点

girl--student-handmirror.jpg

ゴムかけは患者様本人が毎日処置・管理を行う必要があるため、特に下記の点に注意しましょう。


・指示された位置に、指示された方法で正しくかける

・慣れないうちは鏡を見て確認しながら正しい位置にかけるようにする

・最低1日に1回は新しい顎間ゴムに交換する

・常に予備の顎間ゴムを携帯し、できるだけ長い時間かけられるようにする


ゴムをかける位置を間違えてしまっては望んでいる効果が得られないため、ゴムかけに慣れていない最初のうちは特に注意が必要です。


また、慣れないうちはゴムをかけて引っ張られている歯や歯茎が痛くなってしまうことがあります。

通常は時間が経つにつれて慣れ、自然と痛みも気にならなくなることがほとんどですので、痛みがあるからといって自己判断でゴムかけをやめてはいけません。


我慢できない程の強い痛みや、歯ではなく顎の痛みや違和感などがある場合は、まずは担当の歯科医師へ相談するようにしましょう。




まとめ

・矯正治療では歯に装着した矯正器具に小さな専用の輪ゴム(顎間ゴム)をかける「ゴムかけ」の処置を同時に行うことがあります。ゴムの大きさや強さは様々あり、症状や治療に合わせたゴムのかけ方を歯科医が個別に指導します。


・ゴムが縮む力を利用して、歯を動かす力を継続的に歯にかけることができます。矯正治療の効果を高め、噛み合わせを整える治療にも効果を発揮します。


・ゴムかけは基本的に食事と歯磨きの時間以外には常に行うように指導されます。顎間ゴムを使って歯へ長い時間力をかけることで高い効果を発揮するからです。矯正治療中の一つの処置として、数ヶ月程度の期間となるのがほとんどです。


・歯科医はゴムかけの効果も計算して治療計画を立てています。ゴムかけを正しく行わないと治療期間が長引いたり、適切な治療効果が得られない場合がありますので注意しましょう。


・ゴムかけは患者様本人で毎日行う必要があります。慣れるまでは鏡を見てゴムをかける位置をしっかり確認しながらゴムかけを行ってください。はじめのうちはゴムをかけた歯に痛みが出るかもしれません。通常は時間が経つにつれ痛みが引いていきますが、気になるようであれば歯科医へ相談するようにしてください。



さっぽろ矯正歯科クリニックへのご相談もお気軽にどうぞ

ご相談フォームはこちら

LINE@からの無料相談はこちら



さっぽろ矯正歯科クリニック院長 桜田明宏

桜田明宏 (Sakurada Akihiro)
さっぽろ矯正歯科クリニック院長
日本矯正歯科協会認定専門医
日本矯正歯科学会 認定医

噛み合わせや歯並びの異常は、歯周病や顎関節症等の肉体的影響とともに精神的にも影響します。
当院では目立たない矯正治療の提供を目指すなど、患者さんのカラダとココロの両面に配慮した治療を心掛けています。最新の矯正歯科の研鑽に努め、肉体的にも精神的にも健やかな人生を送ることができるような矯正歯科(治療)の提供を目指しています。

著者・論文、所属学会などは院長・スタッフ紹介をご覧ください。

関連記事

カテゴリ一覧に戻る

お気軽にご相談ください
What is your mouth trouble?

アクセス
Access

医療法人社団さっぽろ矯正歯科クリニック

さっぽろ矯正歯科クリニック

中の島駅から徒歩5分。駐車場も完備

住所
札幌市豊平区中の島1条3丁目7−11
休診日
月・日・祝祭日