ブログBlog

歯並びと健康の関係は密接!良い歯並びで心身ともに元気に

2018.06.11

こんにちは。
さっぽろ矯正歯科クリニック、院長の桜田です。


歯並びの悪さは虫歯や歯周病などの原因となりますが、実は影響するのは口元だけとは限りません。

歯並びの悪さは全身の健康や精神面にも影響します。


今回は「歯並びと健康の関係性について」がテーマです。

歯並びが悪いと健康へどんな影響があるのか、歯並びの悪さが原因となる可能性のある病気などについてもお話します。

woman-headache.jpg


歯並びは全身の健康に影響します

歯並びは歯や顎だけではなく、全身の健康と密接な関係があります。

悪い歯並びは虫歯や歯周病になりやすいのはもちろん、体全体のバランスに影響して体調不良の原因になってしまうことも!


悪い歯並びが体に及ぼす影響には下記のようなものがあります。

・歯磨きがしづらく、虫歯や歯周病になりやすい

・口腔環境の悪化から口臭の原因になる

・食べ物をしっかり噛めず胃腸へ負担がかかる

・食べ物をしっかり噛めないと消化吸収作用が低下し、肥満の原因になる

・舌の動きの制限や、歯の隙間から空気が漏れやすく発音にも影響が出る

・左右の噛み合わせのバランスが悪いと全身のバランスが歪み、頭痛、腰痛、肩こり、めまいなどの原因となる


「歯並びが悪くても、歯磨きをしっかりして虫歯や歯周病を防げていれば問題ないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、歯並びの影響は口元だけとは限らないのです。




悪い歯並びは精神面への影響や病気の原因にも

口元は人と話をする時に一番目に付くパーツです。

歯並びが悪いとそれがコンプレックスになり、口を大きく開けて笑えない、人と顔を合わせて話すのが嫌になってしまうなど精神面へ影響を及ぼしてしまうことがあります。


また、悪い歯並びが原因で下記のような病気になってしまう場合もあります。



顎関節症

顎関節症とは、顎に負担がかかり顎関節(がくかんせつ)の動きが損なわれた状態のことです。

歯並びや噛み合わせの悪さは顎関節症の原因の一つです。


顎関節症が進行すると、歯並びや噛み合わせが更に悪化することもあります。

口を開けた時にカクカクと音がする、顎が痛くて口を大きく開けられないなどの症状が起こります。



不眠症

噛み合わせの悪さがストレスとなり、自律神経を乱して不眠症につながる場合があります。

睡眠時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群も、歯並びや顎の骨格異常による舌の配置・使い方との関連性が指摘されています。



仮性近視

噛み合わせが悪いと、食べ物を噛んだ時の刺激が眼球を包む骨に集中してしまい、それが眼球を圧迫し仮性近視(一時的に目の調整力が緊張し近視状態になること)となってしまう場合があるといわれています。

仮性近視を放置していると真性近視(仮性近視が固定され、慢性的な近視になること)に進んでしまうこともあります。



慢性頭痛

悪い噛み合わせで顎の使い方が偏ると、首の筋肉や動脈にも影響があります。

それが血液の循環を悪くし、慢性的な頭痛につながる可能性があります。


歯並びや噛み合わせによって必ずこれらの病気になるというわけではありませんが、歯並びは体の色々な部分へ大きな影響を及ぼすものなのです。




健康な歯並びで老後も元気に!

old-couple.jpg

年を重ねると共に歯や歯茎の健康が衰えてしまうのは避けられないことです。

親知らずを除く永久歯28本のうち、年を重ねてもしっかり残っている歯は65歳では平均18本、80歳では平均9本と言われています。


高齢者が複数の歯を失うと、口腔内に残った歯の位置が著しくズレてしまい、特に奥歯へ必要以上に力がかかったり、逆に力を入れることが出来なくなったりします。


その結果、食事がうまく食べられずに健康を損ねてしまったり、噛む力が衰えることで脳への刺激が低下し認知症進行の原因となってしまうなど、思わぬ疾患を誘発することも珍しくありません。



8020運動(ハチマルニイマル運動)というものをご存知でしょうか。

歯科医院が推奨する「80歳で健康な歯を20本残す」という目標です。


年を重ねても健康な歯をできるだけたくさん残すことで、若々しく元気な老後を過ごすことができます。



高齢者が歯を失う原因として多いのは、虫歯と歯周病です。

たくさんの歯を健康に保つためには虫歯と歯周病を予防することが重要です。


そのためには歯磨きはもちろん、歯科矯正などで高齢になる前から歯並びをきれいに整えておくのをお勧めします。


歯の健康を整えることは、老後の元気な生活のための準備でもあるのです。




まとめ

・悪い歯並びは虫歯や歯周病の原因となるのはもちろん、食べ物をしっかり噛めないことや全身のバランスが歪んでしまうことによって全身の健康へ影響を与えてしまいます。


・悪い歯並びが気になって人と顔を合わせるのが嫌になってしまうといった精神的な影響や、顎関節症、不眠症、高血圧といった病気の原因の一つとなる可能性もあります。


・歯並びを整え虫歯や歯周病を防ぐことで、年を重ねても健康な歯を保ちやすくなります。健康な歯がたくさん残っていることで食事も楽しめ、元気な老後を過ごすことができます。



さっぽろ矯正歯科クリニックへのご相談もお気軽にどうぞ

ご相談フォームはこちら

LINE@からの無料相談はこちら



関連記事

カテゴリ一覧に戻る

お気軽にご相談ください
What is your mouth trouble?

アクセス
Access

医療法人社団さっぽろ矯正歯科クリニック

中の島駅から徒歩5分。駐車場も完備

住所
札幌市豊平区中の島1条3丁目7-11
休診日
月・日・祝祭日